【Frau Lein フジミ堂】静岡県の店舗設計・施工・独立開業支援 ショップスタイル

INTERVIEW

体験談。

> ショップスタイルをご利用いただいた声

開業・リニューアルをお考えの方へ向けたコンテンツです。

どんなお店ができたか見る。

OWNNER'S VOICE | オーナー様の声 リニューアル

こちらのコーナーでは店舗の改装計画を機にオレンジハウス ショップ・スタイルをご利用されたオーナー様に店舗運営のお話や、努力していることなどをインタビューしてきました。店舗の施工写真やbefore⇒afterの写真などを公開していきます。ぜひ、ご覧ください。

店舗リニューアルインタビュー > interview|001

つらい仕事を続けていくためのコツとは、
自分がワクワクして仕事をすることです…

  • 業種:エステ・指圧・雑貨販売
    プロフィール:
    櫻井敬三
    略歴: 1997年 薬店フジミ堂に雑貨コーナー新設
    1998年 リニューアルOPEN「Frau Lein フジミ堂 」誕生
    フロイラインはドイツ語で『お嬢さん』、『フジミ堂』はお客様が『不死身』であってほしい…、それとお店の前から『富士山が美しく見える』という意味が込められています。(先代は薬店なので…)
  • SHOP DATA
    LOCATION:静岡市清水区折戸4-2-12
    電話:054-334-0243
    FAX:054-334-0243
    営業時間:
    平日 9:00〜20:00
    祭日 10:00〜18:00
    定休日:毎週日曜日
    URL:http://www.fujimido.com/

INTERVIEW

Q1.改装するきっかけになったことは何ですか?
A. 治療室にエステコーナーを臨時に開設しておりましたがエステ室のベットを増設する必要となり改装することになりました。
Q2.改装して、変化があったことは何でしょうか?
A. 薬がメインのお店から癒しがメインの空間になりました。あと、変化があったというよりもみずから変化したつもりです。物売りではなく、サービスを売る商売に変化しようと思いその通りになったつもりです。
Q3.改装費用は、何年で回収する予定で、予算組みされましたか?
A. お恥ずかしいことですが全然そんなことは考えておりませんでした。ただ、予算オーバーだったので内装と外装を分けてやりました。その代わり、納得がいく改装ができたつもりです。
Q4.どのオーナー様も、経営を持続していくために、いろいろな工夫をされていると思います。継続して効果がでていることはありますか? また続けていくためのこつなどありましたら、伝授願います。
A. 先ほども述べましたが、物売りだと、どうしても価格競争の波に飲み込まれてしまいます、私みたいな零細なお店が大手と価格競争してもとてもかないません。
それなら価格競争がない世界で商売をしようと思い、そういう店舗を目指しました。
また、つらい仕事を続けていくためのコツとは、自分がワクワクして仕事をすることですかネ…
Q5.最後に、改装を検討中のオーナー様へ、アドバイスがあれば、なんでもお願いいたします!
A. 高価な材料でも後のメンテナンスが楽でコストがかからないものを選ぶことです。
例)…以前はPタイルを使用していましたが、年に何回も業者にお願いしてワックスをかけておりました。それと隅々までワックスをかけてもらいたいので、仕事が終わって深夜まで棚や商品を移動する手間もとっても大変でした。 今のタイルはワックスが必要がなく汚れもなく大変気に入っています。
  • ナチュラルな印象の受付コーナー

  • 受付から雑貨コーナを望む

  • 効果的なレイアウトも視野に入れた設計

まずは実例を交えてお気軽に相談してみませんか?
専用フォームよりお申込みください。

ご相談ご予約フォームはこちらをクリック

店舗開業に関するご相談はオレンジハウス静岡駅前店へ

開業を考えた時にまず見ておきたいコンテンツ

ショップスタイルでは店舗のデザインや施工・事業計画立案などのお手伝いもしています。よろしければあわせてご覧ください。